日本学術会議公開シンポジウム「科学的知見の創出に資する可視化(7):人間を識り活かす総合知をもたらす「視考」」(主催:日本学術会議総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会)開催のお知らせ

跡見順子先生より

11月30日の日本学術会議シンポジウムには、たくさんの方々にご視聴頂き、大好評を賜ることができました。ありがとうございました。

直前となってしまいましたが、12月13日(月) 13:00~17:50 に日本学術会議公開シンポジウム「科学的知見の創出に資する可視化(7):人間を識り活かす総合知をもたらす「視考」」(主催:日本学術会議総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会)の開催のお知らせです。

今回は、同じ委員会主催による、前回の続きとも言える内容となっています。

また、今回のシンポジウムでは、Youtube参加であれば申込せずとも、直接視聴可能となっています。

YouTubeによる当日配信(申し込み不要):https://www.youtube.com/channel/UCNlN7ppEMMnF_eoA0PXl2dA 

ポスター(日本学術会議HP):https://www.scj.go.jp/ja/event/pdf3/317-s-1213.pdf

プログラム(日本学術会議HP)https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1213.html

●跡見順子先生登壇時間 
15:50~16:35 講演「細胞・身・心のマルチスコピック可視化新パラダイム」
16:45~17:45 総合討論「人間を識り活かす総合知をもたらす可視化を目指して」

シンポジウム概要:日々生成される多種多様なビッグデータが、科学、社会、文化、教育、そして人間の身体や心にも大きな影響を与える時代になりつつある。その影響は極めて複雑かつ多様である。そのため、多種多様なビッグデータを統合的に有効活用して総合知を得ることを支援する「可視化」が、今、求められている。そのような可視化により、我々の思考はスピードアップされ、かつ、深化された「視考」となる。シリーズの7回目となる本シンポジウムは、日本学術会議に「科学的知見の創出に資する可視化分科会」が設立されて以来3年半わたって行われてきた、ビッグデータ時代の可視化のあり方に関する議論の総合報告であり、同時に、今後の可視
化のあり方に関する様々なアイデアを議論する好機でもある。

お問い合わせ:TEL 042-388-7539(東京農工大学 工学府 跡見・清水研究室)
跡見:yatomi@m2.tuat.ac.jp  
清水:mshmz@cc.tuat.ac.jp 
井上(秘書):atomilab.secretary@gmail.com 
https://www.facebook.com/AtomiShimizuLabo 

# by utplaw | 2021-12-12 19:47 | 佐藤薫  

日本ユニセフ協会が、12月1日(水)16時よりユニセフ報告会  『子どもたちの栄養危機 コロナ禍の危機から子どもたちを守るために』をオンライン(Zoomウェビナー)で開催

日本ユニセフ協会では、12月1日(水)16時よりユニセフ報告会『子どもたちの栄養危機 コロナ禍の危機から子どもたちを守るために』をオンライン(Zoomウェビナー)で開催いたします。

世界では、5歳未満児の少なくとも3人に1人が、栄養不足や過体重の状態にあると言われています。子どもの身体の成長や脳の発達に直結する栄養問題は、世界共通の深刻な課題です。

本報告会では、栄養支援に携わるユニセフ日本人職員がアフリカや中東より登壇し、各国の子どもの栄養状況やユニセフ支援について報告します。また、企業や国内の専門家の参加も得て、日本を含めた先進国の子どもの栄養課題や民間部門による栄養改善への取り組みについてもご報告します。

皆様からのご参加、お待ち申し上げております。

・視聴日時
2021年12月1日(水)16:00~17:30(予定)
オンライン開催(Zoomウェビナー)

・開催概要
こちらをご覧ください。
https://www.unicef.or.jp/event/20211201/?utm_source=enews1117&utm_medium=email&utm_campaign=event&utm_content=eventbrief&bdad=MTg3OF8x&bdactcd=MTg3OF8xOTQ0ODgy

・視聴方法
視聴用URLは、お申込み後すぐに no-reply@zoom.us から配信されます。
※視聴無料・要事前申込です。
※視聴に関する機器や通信環境はご自身でご準備をお願いいたします。モバイル端末の場合、通信環境は高速Wi-Fi(無線LAN)を推奨いたします。

・お申込み方法
こちらのZoomウェビナー登録ページからお申込みください(PC/スマートフォンのみ)。
https://zoom.us/webinar/register/WN_Lq6eSKTOSuWb5yq-l-C4Iw?utm_source=enews1117m

# by utplaw | 2021-11-25 22:08 | スタッフ  

東京農工大学・東京大学名誉教授 跡見順子先生                          11月30日の日本学術会議シンポジウムの案内

主催者代表 跡見順子先生(日本学術会議 [(略称)細胞-身体可視化小委員会」委員長)より

11月30日の日本学術会議シンポジウムでは、
「第6期科学技術・イノべーション基本計画」で初出した「総合知」による社会変革と「多様な幸せ(well-being)」の意味・道筋の可視化・概念化に挑みます。

荻野弘之さん・林伴子さん・山口香さん・毛利衛さんをお迎えし、
跡見順子(日本学術会議「細胞-身体可塑基盤からの自分を知り育てる科学知見創出に資する可視化小委員会」委員長・東大名誉教授・東京農工大学客員教授・日本女性科学者の会会長)が総合司会します。

今、コロナ影響も相まって、社会のデジタル化、フィジカル空間からサイバー空間への移行も進んでいます。
パラダイム・シフトも予見されます。
この重要な岐路の認識に基づき、Society5.0や幸福社会の実現に向けて、野田聖子内閣府特命担当大臣を始め、内閣府・日本学術会議の有識者の方々からご挨拶をいただきます。

跡見先生をご存知の皆様ならば、あのエネルギーをご存知でしょう。
次々に凄い人たちを巻き込んでいくあのパワー。
今回も、人間をめぐる総合知を中心に各分野から巨匠が集ってくださいました。


「総合知~幸福論からみた身心・細胞力、その真理の可視化~」


日時2021/11/30(火)13:00-17:00

開催地オンライン開催 ※日本学術会議大会議室より発信予定

日本学術会議イベント詳細のURL:https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/316-s-1130.html

ポスター掲載URL:https://www.scj.go.jp/ja/event/pdf3/316-s-1130.pdf

参加費無料

申込サイト:https://gakujutukaigi1130.peatix.com/

お問合せ:清水美穂 (*hucs.kenkyukai*gmail.com *を@に変更してください)



研究室フェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/AtomiShimizuLabo



日本学術会議主催公開オンライン「科学的知見の創出に資する可視化(6)シンポジウム」:

タイトル: 「総合知~幸福論からみた身心・細胞力、その真理の可視化~」

主な講演者(登壇順):

・荻野 弘之 (「人生の授業」で哲学を解説、上智大学教授):「幸福とは何か」とはいかなる問いか?」

・林 伴子 (内閣府男女共同参画局長):「女性の活躍とイノベーション」

・山口 香 (柔道金メダリスト・筑波大学教授):「嘉納治五郎が目指した日本人の心と身体」

・毛利 衛 (宇宙飛行士/前日本科学未来館館長/):「宇宙からの視点~総合知から未来智へ」

・跡見 順子 (細胞身心一体科学者) :「文理融合のための『丹田の可視化』が生む総合知」~身につける「細胞・身心一体科学」(日本武道で重視された「丹田」は、重心・姿勢・健康、細胞力に大きく影響。)

*週日のため参加しづらい方でも事前登録者には、後日アーカイブ配信も予定。

皆様お誘い合わせの上、ご視聴ください。

お問い合わせ:TEL 042-388-7539(東京農工大学 工学府 跡見・清水研究室)

・跡見yatomi@m2.tuat.ac.jp;清水mshmz@cc.tuat.ac.jp : 井上(秘書)atomilab.secretary@gmail.com

https://www.facebook.com/AtomiShimizuLabo 


# by utplaw | 2021-11-25 22:01 | スタッフ  

第41回医療情報学連合大会

第41回医療情報学連合大会
【共同企画8 11月20日(土)14:10〜16:10 B会場】
看護のデジタル・トランスフォーメーション・DXを考える
―情報学と理工学がもたらす看護の未来に向けた変革―
オーガナイザー:美代 賢吾(国立国際医療研究センター)
座長:美代 賢吾(国立国際医療研究センター)
   赤瀬 智子(横浜市立大学)
3-B-2-01看護のブラックボックスから、DXによりいきいきした看護の現場を映し出し付加価値を創造する
齋藤 いずみ(神戸大学大学院保健学研究科)
3-B-2-02看護におけるDX-新しい技術と古いモデルの見直し-
柏木 公一(国立看護大学校)
3-B-2-03AIを活用したDXのハイブリッド看護の新時代
川口 孝泰(医療創生大学)
3-B-2-04デジタル・トランスフォーメーション・DXを推進する上での看護の意識改革
宇都 由美子(鹿児島大学病院 医療情報部)
総合討論

学術プログラムのページ:https://jcmi41.org/program.html
第41回医療情報学連合大会HP:https://jcmi41.org/



# by utplaw | 2021-11-17 22:37 | スタッフ  

コビット19ワクチンに関する懸念事項

先日、イギリスのとある研究チームが、コビット19の後遺症として嗅覚異常などの症状が現れるパーキンソン病を発症することがあるとの論文を発表しました。研究チーム名など失念してしまったので後日確認する予定です。
ところで日本が採用しているファイバー社などのコビット19ワクチンであるmRNA(メッセンジャーRNA)は、新型コロナの疑似感染を生じせしめるものだとすれば、当該ワクチン接種後においてもパーキンソン病ないしはパーキンソン症候群が生じる虞があるといえるのではないでしょうか。
そのあたりを厚生労働省は追跡調査などして確認すべきです。
われわれ国民の健康権保障にもつながるでしょう。

ところで今朝、知人から下記のオンライン講演の案内がありましたのでここに記載します。
みなさまのますますのご健勝を祈っております。

佐藤 薫




「コロナ禍での感覚器障害のリスク」

1.また、日時 2022年01月25日(火)14:30~17:00

2.開催方式 オンライン開催

3.参加費 無料(定員500名)

4.プログラム(詳細https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/317-s-0125.html )

 < 講演 >

  テーマ1 「コロナで起こる嗅覚障害」

   講師 森 恵莉(東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室講師)

  テーマ2 「コロナで起こる味覚障害」

   講師 任 智美(兵庫医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室講師)

  テーマ3 「コロナ禍で再考~自己判断による眼疾患の重症化~」

   講師 外園 千恵(日本学術会議第二部連携会員、京都府立医科大学眼科学教室教授)

  テーマ4 「コロナ禍で変わる日常、子どもの目をどう守るか?」

   講師 仁科 幸子(国立成育医療研究センター眼科診療部長)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。

     https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/link/317-s-0125_link_1.html

6.問い合わせ先 市民公開講座「 コロナ禍での感覚器障害のリスク」 運営事務局

E-mail:office@jibika.or.jp

***「新着IT情報」 https://www.it-news-pro.com/ 提供 鈴木昌則氏

***「メルマガ36号~マツモトコウキの経営119番~」 (添付)提供 松本光輝氏


主催 日本学術会議臨床医学委員会感覚器分科会

共催 公益財団法人日本眼科学会、一般社団法人日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

 

# by utplaw | 2021-11-17 15:02 | スタッフ