<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

いよいよ5月24日金曜日「著作権研究会」開催

著名な小説家等を会員に招き活動されている、著作権等管理事業者である日本ビジュアル著作権協会の「著作権研究会」に、同協会のお取り計らいで、会員以外の方も若干名参加できることになった旨のお知らせをしたところ幾名かの方々がご参加くださることになりました。
御礼申し上げます。
なお当日は日本法へのフェアユース導入の賛否両論に関して時間があれば参加者のみなさんのご意見を聞きながら考えていきたいと佐藤先生も張り切っていました。
e0091580_2341511.jpg
中央:松本零士先生 右:モンキー・パンチ先生 左:佐藤薫先生(国会会議室で開催された研究会の模様)
日本ビジュアル著作権協会
著作権研究会 開催のお知らせ
「最近の著作権法改正」について
~保護期間70年、デジタル化への対応、著作権の相続~
日本ビジュアル著作権協会ではこの度、会員著作権者の皆様と「著作権」や「作家の権利の在り方」について考えていくために「著作権研究会」と題した会を開催いたします。


by utplaw | 2019-05-21 22:07 | 医療に役立つ事柄について考える  

城所岩生編, 中山信弘ほか著「これでいいのか!2018年著作権法改正」(100頁)図書紹介

城所岩生編, 中山信弘ほか著「これでいいのか!2018年著作権法改正」(100頁。インプレスR&D刊 1620円)を、編著者である城所先生よりご恵贈いただきましたのでご紹介します。

本書のはしがきに、「各執筆者間では、2012 年の改正で期待外れに終わった日本版フェアユースの実現に向けて一歩近づいた点は評価しつつも、改正の主目的であるイノベーション促進の観点からは課題の残 る改正に終わった点で見解の一致をみた。」とあるように、アメリカ連邦著作権法に規定があるフェアユースをわが国にも取り入れようというのが本書の主題であるといえる。

連邦著作権法は1976年に大改正が為され、そのときに判例法であったフェアユースを成文化したという経緯がある。しかし、これに関しては、ケネディーの暗殺事件を題材にした著書に20世紀フォックス社が著作権を有する写真を複数枚使用したハーバード大学哲学科教員が著作権侵害で訴えられたザプルーダー事件や、アメリカでスパイ容疑で逮捕されたローゼンバーグ夫妻の子供たちに宛てた書簡を著書に無断使用した男性が著作権侵害で訴えられたローゼンバーグ夫妻書簡事件においても、それぞれフェアユースを基準として判断されるべきと考えられたが、結局のところ合衆国憲法修正第一条項が規定する表現の自由による判断がなされたわけであり、そういった事例が多々ある。
そう考えれば敢えて我が国においてフェアユースを採用せずとも憲法上の権利との牴触問題としてほとんどの場合、解決を図ることが可能であるともいえる。
もし仮に著作権が著作者の死後70年に延長されたことでフェアユースによる著作物の利用範囲を広げようとの考えでフェアユースを採用するというのであれば議論の余地が残されているといえよう。
 
                                                           佐藤薫
e0091580_22281203.jpg

by utplaw | 2019-05-11 22:30 | 佐藤より  

著作権研究会 開催のお知らせ

著名な小説家等を会員に招き活動されている、著作権等管理事業者である日本ビジュアル著作権協会の「著作権研究会」に、同協会のお取り計らいで、会員以外の方も若干名参加できることになりましたのでご案内いたします。
お申し込みの際には、このホームページをご覧になった旨をお伝えください。

日本ビジュアル著作権協会
著作権研究会 開催のお知らせ
「最近の著作権法改正」について
~保護期間70年、デジタル化への対応、著作権の相続~
日本ビジュアル著作権協会ではこの度、会員著作権者の皆様と「著作権」や「作家の権利の在り方」について考えていくために「著作権研究会」と題した会を開催いたします。

昨年暮れから今年にかけて、著作権に関わる法律について改正が相次いで行われています。著作権者の皆様が法改正について知ることの難しい中で、皆様にお知らせすべき事柄について、専門家の方をお招きしてご講演いただき、情報提供をできればと考え本会を開催することとなりました。本会を通じて、会員著作権者の皆様から頂きましたご意見は、当協会より文化庁等にもお伝えし、今後の施策に反映されるよう働きかけていきたいと思っております。

今回は「著作権法の改正」について、主に
・著作権の保護期間の延長
・デジタル化、教育の情報化への対応に関する著作権法の改正
・著作権の相続に関する法改正
など、最近の法改正について、知的財産法がご専門の、大阪大学大学院佐藤薫教授にご講演いただきます。

佐藤先生はこの春、『著作権法入門早わかり—クリエイターのための知的創造物法活用術—』(出版メディアパル)を上梓されるなど、作家・著作権者の視点からの著作権に非常に詳しい方です。そこで、著作権者の視点に立った今回の法改正における注意点等について、皆様のお役に立つようご講演いただく予定です。
皆様におかれましては、ぜひご参加いただき、この機会をご活用いただけたら幸甚に存じます。ご不明な点はお気軽に日本ビジュアル著作権協会事務局までお問い合わせください。

JVCA著作権研究会参 加 申 込 書
1.5月24日(金)14時30分から16時30分
「JVCA著作権研究会」に出席します。
お 名 前
TEL
メール
【申込み・問合せ】日本ビジュアル著作権協会(担当:那住)
tel:03-5229-8331fax:03-5228-6410
メール:info@jvca.gr.jp
※ご出欠につきましてはFAX・お電話、メールでご連絡ください。
◆会場への行き方◆
会場名:東京・飯田橋TKP スター貸会議室飯田橋
住所〒102-0072
東京都千代田区飯田橋 3-4-3 エレガンス飯田橋 2F
アクセス
JR中央線 飯田橋駅 東口 徒歩 2 分
東京メトロ東西線 飯田橋駅 A5 出口 徒歩 1 分
JR 総武線 飯田橋駅 東口 徒歩 2 分
東京メトロ有楽町線 飯田橋駅 A2 出口 徒歩 2 分東京メトロ南北線 飯田橋駅 A2 出口 徒歩 2 分都営大江戸線 飯田橋駅 A2 出口 徒歩 2 分

by utplaw | 2019-05-05 13:24 | 医療に役立つ事柄について考える  

天皇陛下が皇位を継承されましたことを心からお喜び申し上げます。

上皇上皇后両陛下には、心からの感謝を申し上げ、末永くお健やかであらせられますよう願います。
天皇皇后両陛下におかれましては、本日、天皇陛下が皇位を継承されましたことを心からお喜び申し上げます。


by utplaw | 2019-05-01 22:03 | 佐藤薫