<   2019年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ルーブル博物館からの便りLettre du Musée du Louvre

ルーブル博物館から便りが届きました。
ルーブル博物館(美術館)のエントランスの役割を果たしている
ルーブルのピラミッド(La Pyramide du Louvre)が設立されて
今月3月29日に30周年を迎えます。
e0091580_17285092.jpg
    Photo prise par Kaoru Sato au Musée du Louvre

このピラミッドは、アメリカの建築家であるイーオ ミン ペイ(Ieoh Ming Pei)氏が設計し、1989年3月29日に当時のフランス共和国大統領フランソワ ミッテラン(François Mitterrand)氏のもと落成されたものです。
これを記念して当博物館では今年1年をとおして催しが開かれるそうです。
パリに旅行される方は是非お立ち寄りください。

by utplaw | 2019-03-27 17:41 | 医療に役立つ事柄について考える  

佐藤薫著「著作権法入門早わかり」4月刊行・佐藤薫講演5月開催予定

佐藤薫著「著作権法入門早わかり」が4月に刊行されます!!

著作権法のみならず特許法など産業財産権法や表現の自由・プライヴァシイ権についても書かれています。

なお、世界的に有名な著作者であって著作権法にも造詣が深く、世界中の出版社や映画会社などと自身で契約を締結するなど豊富な経験を有する大御所のメッセージもあります。

著作権法などの改正があったときはこのブログで簡単にお知らせする予定です。本書の補足として役立ててください。

おしらせ!!
著作権等管理事業者である団体主催の佐藤薫の講演が5月に予定されています。陽


e0091580_19500135.jpg

by utplaw | 2019-03-25 18:17 | HP管理者  

「医療と人とメディカル・イラストレーション」カンファレンスの開始時間が変更になりました。

e0091580_09540714.jpg
日時:平成31年4月27日  午後1時30分から午後4時30分まで
場所:六本木国際会館別館講堂
主催:株式会社レーマン(メディカル・イラストレーション制作)
https://www.laiman.co.jp
参加費:無料
参加ご希望の方は氏名、所属、懇親会参加希望の有無を下記あてお送りください。
info@laiman.co.jp

by utplaw | 2019-03-17 09:57  

東日本大震災

東日本大震災において亡くなられた方々に対して哀悼の意を表します。
8年経ったいまもなお避難所生活を余儀なくされている方々が一日も早く元の生活に戻ることができますよう心より祈っております。
                                    佐藤薫

by utplaw | 2019-03-11 21:24  

日本ではめずらしいメディカル・イラストレーションに関する会議開催予告

「医療と人とメディカル・イラストレーション」と題したカンファレンスが開催されます。

日本ではめずらしいメディカル・イラストレーション。
江戸時代においては小田野直武など多くのメディカル・イラストレーターが存在し活躍していたが、現在では欧米に先を越された状態にあります。今後わが国においても重要な役割を担う存在となりうるメディカル・イラストレーションにご興味のある方はぜひご参加ください。佐藤


日時:平成31年4月27日  午後1時30分から午後4時30分まで
場所:六本木国際会館別館講堂
主催:株式会社レーマン(メディカル・イラストレーション制作)
https://www.laiman.co.jp
参加費:無料(人数に限りがありますのでお早目のお申し込みを)
参加ご希望の方は氏名、所属、懇親会参加希望の有無を下記あてお送りください。
info@laiman.co.jp

e0091580_09540714.jpg

by utplaw | 2019-03-11 21:04 | 医療に役立つ事柄について考える  

つぎの記事につき表紙写真を変更しました。【パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の 大島弘子先生よりご高著をいただきました。】

【パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の 大島弘子先生よりご高著をいただきました。】
板張りの壁が背景だった表紙写真を変更しました。

by utplaw | 2019-03-07 14:53 | 医療に役立つ事柄について考える  

パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の大島弘子先生よりご高著をご恵贈いただきました。

パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の
大島弘子先生よりご高著をご恵贈いただきました。

非常に興味深い本です。編集は大島弘子先生。題号は「フランス語を母語とする日本語学習者の誤用から考える」。出版は、日本の出版社によるもので、東京文京区にある「ひつじ書房」からです。
日本語というのはやはり難しい言語であるようで、とくに日本語は文法よりも表記法が複雑だとよくいわれますが、この書物から別の意味における日本語の難しさや特質をつかみ取ることができます。

e0091580_14441798.jpg


by utplaw | 2019-03-01 20:55 | 医療に役立つ事柄について考える