カテゴリ:医療に役立つ事柄について考える( 5 )

 

佐藤薫著「著作権法入門」が当初の予定より遅れて本年4月に刊行されます。

佐藤薫著「著作権法入門」が当初の予定より遅れて本年4月に刊行されます。
一般の方々や学校関係者、作家の方々などが知っていなければならない
著作権法の知識が身につくよう工夫されています。
また、クリエイターの方々に関係のある意匠法、特許法、不正競争防止法などの
産業財産権法や憲法についても触れています。裁判例については研究者として
少し辛口の批判もあり解釈の仕方も身に付く書籍です。
編集は名編集者として知られる下村昭夫氏


e0091580_19500135.jpg
表紙イラストは西口司郎氏
手塚治虫作ブラックジャック単行本、ダン・ブラウンや
スティーヴン・キング、森村誠一、高村薫作品の表紙絵、
X JAPAN "SADISTIC DESIRE"ジャケット絵など多くの作品がある

e0091580_20313916.jpg
フィレンツェの佐藤薫 
Kaoru Sato quand il est resté à Florence



by utplaw | 2019-02-08 13:46 | 医療に役立つ事柄について考える  

日本学術会議  日本学術会議講堂 平成31年1月25日(金)

日本学術会議公開シンポジウム開始前の様子です
於 日本学術会議講堂 平成31年1月25日(金)

冷たいメカニズムから心優しいメカトロジーへ
〜超高齢化社会とスマート・テクノロジー〜

入場時間になると参加者もかなり増え活気にあふれた状態になり、
次回は上皇后ならびに皇太后をお招きして開催したいとのお話になりました。
佐藤薫先生が座長を務めた報告者紹介では拍手があり、先生ご自身恐縮されたとお話ししていました。さらに情報交換会では東京大学の跡見先生、東京農工大学の清水先生からお褒めをいただいたとまたあらためて恐縮されていました。
e0091580_23183831.jpg

by utplaw | 2019-01-27 23:21 | 医療に役立つ事柄について考える  

日本学術会議公開シンポジウム午後の部講演3において佐藤薫先生が座長を務められます

日本学術会議公開シンポジウム午後の部講演3において   佐藤薫先生が座長を務められます

日本学術会議公開シンポジウム

於 日本学術会議講堂 2019年1月25日(金)
=========================================================
冷たいメカニズムから心優しいメカトロジーへ
〜超高齢化社会とスマート・テクノロジー〜
09:30  開場 
<午前の部>
進行  24期「心と脳など新しい領域小委員会」大倉典子 芝浦工業大学 & 清水美穂 東京農工大学
10:00-10:05 イントロダクション 大倉典子 芝浦工業大学学長補佐、工学部教授・第三部会員
日本学術会議の役割と「心と脳など新しい領域小委員会」
10:05-10:10 主催者挨拶 越塚誠一  東京大学人工物工学研究センターセンター長・大学院工学系研究科システム創成学専攻教授
日本学術会議総合工学+機械工学委員会合同「計算科学シミュレーションと工学設計」分科会委員長・連携会員
10:10-10:25 講演1 座長 渡邊誠一 健康増進ネットサービス合同会社代表社員、一般社団法人科学技術と経済の会参与、
センサー&データフュージョン研究会委員長
  福田収一 慶応義塾大学SDM研究所顧問、東京都立科学技術大学名誉教授/首都大学東京名誉教授
「身体と細胞のメカニズムを取り入れた柔らかい社会メカニズム」
10:25-10:40 講演2 座長 渡邊敏行 東京農工大学大学院工学府教授
  内藤 健 早稲田大学大学院理工学術院教授 「生命エンジン」
10:40-10:55 講演3 座長 高久史麿 公益地域医療振興協会会長、日本医学会第6代会長
  跡見順子 東京農工大学大学院工学府材料健康科学寄附講座客員教授、東京大学名誉教授
「心と脳など新しい領域小委員会」24期委員長・特任連携会員
「細胞〜身体をつなぐメカトロジー」
10:55-11:10 講演4 座長 跡見友章 杏林大学保健学部理学療法学科教授
  菊池吉晃 首都大学東京大学院人間健康科学研究科フロンティアヘルスサイエンス学域学域長/同学域脳機能解析科学 分野教授・「心と脳など新しい領域小委員会」幹事
「心と身体に在る「当たり前」の脳科学
11:10-11:25 講演5 座長 大倉典子 芝浦工業大学
 萩原一郎 明治大学研究知財戦略機構特任教授、東京工業大学名誉教授
「心と脳など新しい領域小委員会」21-23期委員長・24期副委員長・連携会員
「自動運転社会実現のための最適制御と機械学習について」
11:25-12:10 ラウンドテーブル「冷たい機械から温かなメカトロジーへ」  
   司会 大倉典子
   登壇者 福田収一・内藤 健・跡見順子・菊池吉晃・萩原一郎
12:10-13:00 昼休憩 
      24期「心と脳など新しい領域」小委員第8回会合(5階5-C(1)会議室)

<午後の部>
進行 24期「心と脳など新しい領域小委員会」伊東 乾 東京大学 & 清水美穂 東京農工大学
13:30-13:35 イントロダクション
 伊東 乾 東京大学情報学環准教授
「超高齢化社会の人と機械を結ぶ脳と心のスマート・テクノロジーとアートの基礎科学の推進」
―「冷たい機械」から「心優しいメカトロジー」を目指す7つのステップ―
 清水美穂 東京農工大学大学院工学府材料健康科学寄附講座客員准教授 「スマートサイエンスと身心一体科学」
13:35-13:50 講演1 座長 高久史麿(公益地域医療振興協会会長、日本医学会第6代会長)
   鈴木康裕 厚生労働省医務技監 「医療改革と健康寿命延伸」
13:50-14:05 講演2 座長 松島克守 一般社団法人俯瞰工学研究所代表理事、東京大学名誉教授
   原 克彦 文部科学省研究振興局 参事官(情報担当)タイトル未定
14:05-14:20 講演3 座長 佐藤 薫 大阪大学大学院医学系研究科数理保健学研究室招聘教授(法学)
    江坂行弘 国土交通省自動車局 技術政策課長 タイトル未定
14:20-14:35 講演4 座長 則内まどか 首都大学東京大学院人間健康科学研究科フロンティアヘルスサイエンス学域
                   脳機能解析科学分野客員教授
   江崎禎英 経済産業省政策統括調整官/内閣官房 健康医療戦略室次官
   「健康・医療分野におけるデータ活用の在り方」
14:35-14:55 講演5 座長 越塚誠一 東京大学人工物工学研究センターセンター長・大学院工学系研究科システム創成学専攻教授
          日本学術会議総合工学+機械工学委員会合同「計算科学シミュレーションと工学設計」分科会委員長・連携会員
    黒川清 東京大学名誉教授 日本学術会議会長(第22・23代)
15:00-16:00 ラウンドテーブル 「少子高齢化の進行とAI、自動運転、Society5.0、健康(細胞・身体)」
  司会 黒川 清
  登壇者 萩原一郎・跡見順子・江崎禎英・浅沼一成 厚生労働省大臣官房厚生科学課長
      江坂行弘・原 克彦
16:00-16:15 一緒にやりましょう! 
細胞(いのち)力を高め120歳まで元気に活動するための実践的身体サイエンス
〜太極拳に立位姿勢での重心移動を学び・跡見式体幹体操で身体スキルをUPする〜
石水極子 東京大学非常勤講師 +跡見順子 東京農工大学客員教授・東京大学名誉教授
16:15-16:55 総合討論 「知と人材、いのち、希望の協創へ・・・心温かなマン+マシンの未来展望」
  司会 黒川 清
  登壇者 萩原一郎・跡見順子・江崎禎英・未定(厚生労働省)・江坂行弘・原 克彦
16:55-17:00 閉会の辞 跡見順子「心と脳など新しい領域小委員会」24期委員長・特任連携会員


by utplaw | 2019-01-20 13:57 | 医療に役立つ事柄について考える  

楽しく為になる日本学術会議公開討論会にぜひともご出席いただきたく再度ご案内いたします!!

本年、平成31年1月25日に「冷たいメカニズムから心優しいメカトロジーへ〜超高齢化社会とスマート・テクノロジー〜」と題した 講演、討論会が開催されますので、ぜひとも一般の方々にもご出席いただきたいとのことです。

※学術会議場へ入場できるこの機会をお見逃しなく!!

学術会議のHPサイトにもアップロードされました
「1月25日」の項目でご覧いただくと、そちらでもリンクできるそうです。
学術会議サイトのイベントサイトへのリンク
http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

また、直接ポスターへのリンクは下記のとおりです。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/271-s-3-5.pdf

ポスターの左下にあるQRコードを読み取っていただくと
出席申し込みができます。



by utplaw | 2019-01-08 22:15 | 医療に役立つ事柄について考える  

一般財団法人漫画財団が名称も新たにまもなく始動します

漫画家および漫画作品を保護する組織として発足した一般財団法人漫画財団が名称も新たに、まもなく始動します。
漫画財団の理事は松本零士、モンキー・パンチ、佐藤薫の3名です。
漫画家の先生方が多忙なこともあり表立って活動しませんでしたが、多くの漫画家やアニメーターの方々の要望もあり本年、本格的に活動いたすことになりました。

漫画やアニメーションの応用により、とくに医療の現場や防災、観光に大いに役立てようというのが私たちの目的のひとつでもあります。
これからの活動にご期待ください。

問い合わせ先:佐藤あて kaorumanga@gmail.com(日本漫画家協会登録アドレス)

e0091580_22013593.jpg
           写真 佐藤薫 © kaorusato 2017



注意)漫画財団の関係者と名乗る者や、当協会の理事、または営業と名乗る者等にはご注意ください。当財団とは一切関係ありません。

by utplaw | 2018-02-07 22:06 | 医療に役立つ事柄について考える