夢に向かって

 4月に入りこれから入学式を迎える大学があるかと思えば
入学式を終えた大学もある。学生や事務、教員にとって
あわただしい月である反面、希望に満ち溢れた月でもある。
学生諸君には志を立てていただきたい。
夢を持ち続ければ必ず夢は実現する。夢が叶わないのは
途中で夢を捨ててしまうからに他ならない。すなわち夢を
持ち続けた者こそが夢を実現できるのである。

 そういえば松本零士先生が独創的な表現をされていた。
「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」
すばらしい言葉である。

 せっかくこの世に生を授けられたのだから、夢を持って生きよう。
そしてその夢が実現して、他の人々の幸福に繋げることができれば
これ以上の喜びはないではないか。

 汚い手を使う者、臆病な者等々そのような者が多いなか、信念を
持って清く生きることはすばらしい。それも突き詰めれば夢実現の
ひとつの形態なのかもしれない。

佐藤 薫

by utplaw | 2007-04-05 13:10 | 佐藤より  

<< テーマ・発表者一部変更 知的創... 本年もお世話になりありがとうご... >>