パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の大島弘子先生よりご高著をご恵贈いただきました。

パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の
大島弘子先生よりご高著をご恵贈いただきました。

非常に興味深い本です。編集は大島弘子先生。題号は「フランス語を母語とする日本語学習者の誤用から考える」。出版は、日本の出版社によるもので、東京文京区にある「ひつじ書房」からです。
日本語というのはやはり難しい言語であるようで、とくに日本語は文法よりも表記法が複雑だとよくいわれますが、この書物から別の意味における日本語の難しさや特質をつかみ取ることができます。

パリ大学ディドロ校(パリ第7大学 Université Paris Diderot )の大島弘子先生よりご高著をご恵贈いただきました。_e0091580_14441798.jpg


by utplaw | 2019-03-01 20:55 | 医療に役立つ事柄について考える  

<< つぎの記事につき表紙写真を変更... プレミア(ム)がつきました!!... >>