『漫画とピクトグラムの保護と応用に関する研究会』開催予告

『漫画とピクトグラムの保護と応用に関する研究会』がいよいよ来月11月に国会会議室で開催されます。

第一回目となる研究会のテーマは下記のとおりです。

一 「漫画を応用した医療機器について」
  報告者: 東京大学医学部、佐藤薫(大阪大学大学院医学系研究科)

二 「ピクトグラムを応用した避難誘導システムに関する考察」
  報告者: 太田幸夫、佐藤薫

三 「江戸城ミュージアム構想」
  報告者:羽原粛郎(構造芸術家)、勝見勝と共にデザインを考える会

 なお具体的な日時・場所は研究会終了まで公にしません。
 お問い合わせは漫画家協会著作権委員でもある佐藤薫あてに氏名、所属、役職、
 電話番号、返信用アドレスを記載して(kaorumanga(アットマークを入れてください)gmail.com)
 メールでお願いします。

by utplaw | 2016-10-31 00:07 | 医療と漫画について考える会  

<< 佐藤薫先生のご友人外国人2名が... マンガ・アニメ・ゲーム議員連盟... >>