第10回 「漫画産業の発展を考える会」開催される

第10回 「漫画産業の発展を考える会」開催

2013年2月25日月曜日、衆議院第一議員会館会議室で第10回目の「漫画産業の発展を考える会」(佐藤薫座長、大阪大学大学院医学系研究科招聘教授、漫画家協会著作権委員)が開催されました。

今回のテーマは2題。
「電子認証システム、セキュリティアプリケーションの具体的解説による権利保護方法」
「中国、ベトナム、タイ等諸外国に対する知的財産(主に漫画)の電子配信及びその他活用事例」
報告者は、元衆議院議員で弁護士の錦織淳氏

佐藤薫座長の司会で、まず中山義活元経済産業委員長の挨拶があり、漫画芸術家である松本零士氏が、国際化、ネット、電子化などの現実に法律がまったく追いついていない現状について言及された。松本氏は、「日本の漫画はケニアやアマゾンの奥地でも入手できる。それほど人気がある。」ことを強調され、佐藤座長の漫画家を護る組織も必要だが、その前提として著作権の保護期間延長が望まれるとの発言を受け、松本氏はさらに、死後50年では世界基準に合わない、手塚治虫氏の著作権はあと25年しかなく日本の財産がまたひとつ失われると嘆かれました。
この発言に対して、知的財産法学の重鎮である紋谷暢男氏からは、「学者の中で延長を反対する者はいない。」と述べられ、貴重な意見が提出されました。
その後、錦織氏による権利保護の有り様に関する有意義な報告があり、日本音楽事業者協会副会長の高木良夫氏は漫画と音楽の違いについて触れ、独自の組織が必要であるとの認識にたった発言があり、活発に意見が交わされるなか会議は終了しました。

次回は3月を予定しています。



日本漫画家協会HPもご覧ください。

e0091580_23122444.jpg
e0091580_23113446.jpg
e0091580_2311891.jpg
e0091580_2395488.jpg
文:平 写真:漫画産業の発展を考える会事務局

by utplaw | 2013-03-08 23:14 | 漫画産業の発展を考える会事務局  

<< 佐藤薫氏、自民党本部内での会議に出席 第9回「漫画産業の発展を考える... >>