第7回および第8回「漫画産業の発展を考える会」開催

第7回および第8回「漫画産業の発展を考える会」(佐藤薫座長)がつぎのとおりそれぞれ国会会議室で開催された。

第7回「漫画産業の発展を考える会」が2012年10月16日(火)に東京永田町の衆議院第一議員会館において開催された。
世界初となる「医療現場における漫画の役割」と題した大阪大学大学院医学系研究科教授大野ゆう子委員による報告がなされた。今後医療面において漫画の役割など研究されることになるであろう。


なお第8回「漫画産業の発展を考える会」は11月20日(火)に同じく国会会議室において開催された。テーマは「インターネット時代における漫画の周縁」。一橋大学情報化統括本部情報基盤センターの杉田このみ氏よりサブカルチャーとしての漫画周辺の話や、それに因んで漫画利用の現状、経済効果などについて報告された。

詳しくは日本漫画家協会のホームページをご覧ください。

なお、第9回「漫画産業の発展を考える会」は2013年1月に国会会議室において開催されます。

by utplaw | 2012-12-24 19:42 | 漫画産業の発展を考える会事務局  

<< 第7回 応用福祉工学シンポジウ... 第6回「漫画産業の発展を考える... >>