NYからの便り



 昨夜、ニューヨークに住む知人から便りがあった。私のHPに書かれてある、12月の学会テーマを見て興味を抱いてくれたようだ。NYなので参加できなくて残念だ、とも。はるか遠方からの嬉しい便りである。

 ところでNYは先週までの暖かさが一転、きびしい寒さが到来したようである。緯度でいえばNYは男鹿あたりと繋がっている。北緯40度。ヨーロッパだとマドリードといったところか。こじつけがましいが、男鹿といえば先週、大阪の地下鉄構内で面白いポスターを見た。なまはげが秋田の言葉で広告主のイベントに出向くように呼びかけている。それがまた江戸弁にも似て何かしら心地良い。まさか関西でこのようなポスターに出会うとは思いもしなかったという、一種の意外性に起因するものなのか。

 いよいよ来月は知的創造物法学会研究会が開催される。中之島にある公会堂が会場である。中之島は豊中と同様、ロマンチックな気分に浸れる場所だ。もし12月に雪でも降れば申し分ないのだが。秋田やニューヨーク、そしてパリのように。

by utplaw | 2005-11-21 22:49 | 佐藤より  

<< 12月の学会開催に関する追記 11/16 一時このブログが見... >>