私の好きなバレエ団は、パリ・オペラ座バレエ、ボリショイ・バレエ、ロイヤル・バレエ団、キエフ・バレエ団等々、 どの国のバレエ団も素晴らしい、そう思います。

私の好きなバレエ団は、パリ・オペラ座バレエ、ボリショイ・バレエ、ロイヤル・バレエ団、キエフ・バレエ団です。

すでに学士会からは会員割引での案内があり、今月18日をもって締め切られましたが、他の方々がキエフ・バレエを鑑賞するに
あたって光藍社では、前売り券を販売しているので、ここにご案内します。
キエフ・バレエのダンサーたちが平和を願いあなたに届ける豪華バレエ名場面集です。

数多くのスター・ダンサーを生み出してきたウクライナ・キエフの名門劇場のソリストたちが、名作バレエのハイライトを披露します。

<予定演目 ※2022/5/13現在>

「ジゼル」よりパ・ド・ドゥ

「ラ・シルフィード」よりパ・ド・ドゥ

「ディアナとアクティオンのグラン・パ・ド・ドゥ」

「サタネラのグラン・パ・ド・ドゥ」

「海賊」第2幕より花園の場

「ゴパック」

「瀕死の白鳥」

「バヤデルカ」第2幕より抜粋



<予定出演者 ※2022/5/13現在>

エレーナ・フィリピエワ(キエフ・バレエ 芸術監督)

アンナ・ムロムツェワ(プリンシパル)

ユリア・モスカレンコ(プリンシパル)

アレクサンドラ・パンチェンコ(セカンドソリスト)

カテリーナ・ミクルーハ(ソリスト)

ニキータ・スハルコフ(プリンシパル)

スタニスラフ・アリシャンスキー(プリンシパル)

ヴィタリー・ネトルネンコ(プリンシパル)

アンドリー・ガブリシキフ(ファーストソリスト)

ティモフィー・ブカヴェツ(ソリスト)



※出演者、演目などは今後も変更する場合がございますので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。変更に伴うチケットの払い戻しは致しません。最終的な出演者・演目の発表は、公演日当日となります。


光藍社チケットセンター
 TEL:050-3776-6185 (平日12-16時)キエフ・バレエ・ガラ2022
 URL:https://www.koransha.com/ballet/kyivgala/


# by utplaw | 2022-05-23 22:18  

オーストリア科学アカデミー(OeAW)、科学や社会における未解決の問題に対する解決法に関する散文募集

オーストリア科学アカデミー(OeAW)では、科学や社会における未解決の問題に関する解決法を見出すべく散文を募集しています。

募集テーマ「科学的懐疑論に如何に対処するべきか?」
 文章は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語のいずれか。
 文字数に制限はありません。
 締め切り日:2022年9月15日。

詳細URL: http://www.oeaw.ac.at/preisfrage(ドイツ語)
 URL: https://www.oeaw.ac.at/preisfrage/preisfrage-2022(英語)

提出先およびび問い合わせ先
 オーストリア科学アカデミー(OeAW: Austrian Academy of Sciences)
 E-mail:preisfrage@oeaw.ac.at


# by utplaw | 2022-04-28 23:56 | 佐藤より  

日本学術会議主催学術フォーラム 「リスク認知と教育」および歯 学・歯科医療が新たに直面している諸問題に関する公開シンポジウム 「口腔に関連した新型コロナ感染症の諸問題」開催案内

【開催案内】日本学術会議主催学術フォーラム
 「リスク認知と教育」
--------------------------------------------------------------------■
【日時】2022年5月7日(土)13:30~16:30
【場所】オンライン開催(Zoomウェビナー)
【主催】日本学術会議
【開催趣旨】
 日頃「リスク」という言葉を聞く機会は多いが、「リスク」の考え方を社会
全体のものとするには、日本の教育課程の中でリスクにかかわる教育を行う必
要があろう。本フォーラムでは、リスクの概念、リスク評価の方法、基準値の
持つ意味、教育の場でのリスク教育の現状と国際的動向を踏まえつつ、「リス
ク教育」の必要性やリスク認知の方法などについて議論し、初等・中等教育へ
の「リスク教育」の導入のあり方を多角的に討論する。
【プログラム】
 https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/322-s-0507.html
【参加費】無料
【申込み】要・事前申し込み
 以下のURLからお申し込みください。        
https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html
【問合せ先】
 日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
 電話:03-3403-6295

■--------------------------------------------------------------------
【開催案内】公開シンポジウム
 「口腔に関連した新型コロナ感染症の諸問題」
--------------------------------------------------------------------■
【日時】2022年4月23日(土)16:15 ~ 17:45
【開催地】福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2-1)
 (新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、ハイブリッド開催を考慮)
【主催】日本学術会議歯学委員会、病態系歯学分科会、臨床系歯学分科会
【共催】日本口腔科学会
【開催趣旨】
 新型コロナウイルス感染症の対応が現在も求められている状況において、歯
学・歯科医療が新たに直面している諸問題を整理し、今後なすべき取組等につ
き議論する機会としたい。
【参加費】無料
【定員】320名
【プログラム】
  https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/321-s-0423.html
【申込み】事前申し込みは不要ですが、ご希望の方は、以下のリンクより、お
申し込みください。
  https://support.google.com/drive/answer/6283888
 オンデマンド配信あり(4月28日~5月31日)以下リンクよりご覧いただけま
す。
  http://www.congre.co.jp/jss76/symposium/index.html
【問合せ先】第76回NPO法人 日本口腔科学会学術集会 運営事務局
 TEL 092-716-7116
 E-mail:jss76アットマークcongre.co.jp

# by utplaw | 2022-04-22 20:44 | 佐藤より  

我が国はウクライナ侵攻による悲劇を早急に解決すべきである

憲法前文の後半部分である。
「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

私は岸田政権に恐怖を覚える。
ひとつは、ウクライナのゼレンスキー大統領が3月23日に国会で演説を行ったことについてである。

たしかにロシアから侵攻されているウクライナの元首を、先方から要請があったにしろ、招致し演説していただくことを否定するわけではない。
ただ、一方のみに偏ることは非常に危険である。
それならばプーチンロシア大統領をも招聘すべきであった。
しかも米国に倣って経済制裁を加えているが、これはロシアに対して一層、緊張感を高める以外の何物でもない。
岸田氏のこの姿勢はロシア側の侵攻を煽るものであり、悲劇はさらに長引くことになるであろう。
最悪な結果を招来する危険性を大いに孕んでいるともいえる。

憲法前文が、「われら(日本国民)は、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」と述べているように、名誉ある地位を占めるためにはロシアおよびウクライナ双方の仲裁役を我が国が買って出でなければならないといえる。
トランプ氏が米国大統領であったならばこのような悲劇は起きなかったかもしれない。
誠に悲しむべきことである。


# by utplaw | 2022-04-05 23:22 | 佐藤より  

知人から「変なホテル」の講演案内がありましたのでお知らせします

恐竜などのロボットが受付をする「変なホテル」に関する講演です。
最近ではホテルの部屋まで配膳するロボットが登場したりとホテル業界も客対応ロボットを活用しているようです。
「変なホテル」、泊まりたいとは思いませんが恐竜型ロボットと話がしてみたい。
                                    佐藤

「“変なホテル”の立役者が語る、ロボット・AI・IOTがもたらす未来」

1.日時 2022年03月30日(水)~4月20日(木)
2.開催方式 オンライン講演会
3.参加費 無料
4.プログラム
 < 講演 >  テーマ 「“変なホテル”の立役者が語る、ロボット・AI・IOTがもたらす未来」
         講師 富田直美(㈱hapi・robo st 代表取締役)
5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込みください。
     https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=200022
6.問い合わせ先 東京商工会議所 中小企業部 松浦
     03-3283-7624、seisansei@tokyo-cci.or.jp

# by utplaw | 2022-03-27 16:46 | 佐藤より